教育 評価関連情報

リスク管理教育を評価する方法とは

 リスクとはギャップのことです。
想定と現実のキャップのことです。
現実をそのままぴったり認識できる人間は、そういません。
たいていの人間は、現実を歪めて認識しています。
そのため本当の現実と見えている現実にギャップが生じます。
そのため思っていたより良いことも悪いことも起きるのです。
 大きな成果を得られる可能性の物事は、同じだけ大きな損害が生じる可能性も含んでいます。
リスク管理教育では、物事の両面を認識できることを第一の目的とします。
つまりリスク管理教育を評価するには、物事の両面を認識できるようにさせているかをまず見ます。
そうすることで、リスクを正しく認識できるように教え育てているかを評価します。
 リスク管理教育を評価する2つ目のポイントは、自分に損害が生じる可能性のリスクへの備えを適切に準備することをさせられているかで見ます。
3つ目のポイントは、安全にリスク管理できるように教え育てているか見ます。
それら3つのポイントを見ることで、自主的にリスク管理できるように教えられているかが判断できるでしょう。

Copyright(c) 教育 評価 . All Rights Reserved.