教育 評価関連情報

行動管理教育を評価する方法とは

 情報化社会において、私たちは大量の情報に接しながら生きています。
その中で何かを達成するためには、自分の行動を方向づけ行動しなければなりません。
自分で行動管理をして主体的に行動することが今、求められています。
行動管理教育は、それぞれが主体的に行動管理するために必要とされます。
 ではどうすれば、主体的に行動管理できるでしょうか。
まず行動を方向づけるために、目的を決めます。
目的とはそれらの行動によって、自分が達成したいことです。
目標とは異なり、目的には気持ちが入ります。
つまり目的とは、願望のことです。
目的を決めたら次は、プロセスを考えます。
何をどういう順番で行うかということです。
プロセスが決まったら、達成期限を決めます。
達成期限が決まったら、実際に行動します。
その結果によって、行動を修正していきます。
 その行動管理教育を評価するには、どうすれば良いのでしょうか。
まず目的設定をきちんとできるようにさせているかで、点をつけます。
次にプロセスをきちんと、無駄なく設定できるようにさせているかに点数をつけます。
そして無理のしすぎない、背伸びしたら届く達成期限を設定させられているかで、点数をつけます。
次に、行動の結果によって柔軟に行動を修正できるようにさせているかで、点をつけます。
最後に、行動によって目的を達成できる見込みがあるかに点をつけます。
それらの点の合計と、各段階の点数によって評価します。
 

Copyright(c) 教育 評価 . All Rights Reserved.